人類に欠かせない成分|酵素という存在に注目!

婦人

スムーズなお通じのために

水と薬

生活の見直しも必須

便秘に悩んでいるのなら、一時的に便秘薬を使うのも良い方法です。最近では穏やかな作用の便秘薬がたくさん登場しており、慢性的な便秘症の人達の間で人気があります。しかし、どんなに人気のある便秘薬であっても、常用して良いものではありません。体のためを思うなら、一時的な使用に留めて自然な排便のリズムを作る必要があります。スムーズな排便のためにできることとして、毎日同じ時間にトイレに入る、食事量を増やす、水分をしっかりと摂る、繊維質のものを摂取する等が挙げられます。また、ストレスによって便秘になるケースもありますので、ストレス発散方法を見つけることも大切です。生活習慣を変えると排便のリズムも違ってきます。

穏やかな作用を持つタイプ

便秘薬の中では、大腸に作用するタイプよりも小腸で効くタイプの方が穏やかな効果があると人気があります。強い腹痛を起こしたり下痢に見舞われるような便秘薬は体への負担が大きいので、長い間服用したり頻繁に使うことに適していません。また、水分を集めて便を軟らかくするマグネシウムの便秘薬も、自然なお通じが期待できると人気があります。便が柔らかければ力を入れなくてもスムーズに出ますので、安全性が高いということで妊娠中にも利用されることがあります。どうしても出ない時に便秘薬に頼るのは悪いことではありません。必要に応じて使用することで慢性的な便秘も解消できますので、まずは自分に合った薬を探して使い方をよく考えることが大切です。